私の考える保育士を働く理由とやりがいを感じる瞬間3選について

今回は私の考える保育士を働く理由について考えてみました。

子供好きな人にピッタリの仕事で、子供が好きな人にとってはベストな環境だから、子供の成育を見ることができるから、子供の親に感謝されるから、ベビーシッターや託児所と、保育士の資格を持っているとベビーシッターや託児所の仕事もできるから、自分の子供ができた場合の勉強になるからといった理由が挙げられます。

保育士として働く理由

基本、子供好きの人にとって、保育士は適任の職です。日々“世話”をすることで、児童と接っせられますし、もともとかわいいと思うから、児童からも「先生?」と慕われます。日々、児童は成長して行き、驚異と感動の毎日です。

児童を預ける親にとっては、保育士は非常に感謝しているのです。「今日は、こんなことができました」という レポにも、思わずジーンとすることがすごく多いです。

そんな親の愉楽を共有できることは保育士としても大変心嬉しいことです。

また、保育士の免許があると、ベビーシッターや託児所の就職も可能です。実は、このような施設の方が保育園で働くよりも給料が良いという事情もあるので、保育士としてあちこちで奮闘している人もたくさんいます。独身者やまだ子供のいない人にとっては、自分が母になった時のリハーサルとして適切な場所です。

転職や就職をするときは、保育士専門の転職や求人サイトでアドバイスしてもらうといいですよ。

かなり親身になってサポートしてくれます。

>> 保育士転職・求人サイト比較|現役保育士が成功した転職ガイド

保育士としてやりがいを感じる瞬間3選

児童の成長を感じられた時

トイレがちゃんとできるようになる、着替えが手伝いなしにできるようになる、苦手なものを頑張って食べた時。

行事が成功で終わった時

保育園は、クリスマス会や運動会、お遊戯会など行事がすごく多いです。格段、行事の準備がすごく忙しいです。

舞台に立つ役者が児童達で舞台監督が園長先生、照明さんなどの裏方さんが保育士です。拍手されたり写真を撮影されるのは児童達です。

裏方は舞台役者をサポートしてくことが仕事です。その準備の大変さが嫌で行事の少ない保育園を希望する保育士もいます。

面倒だと思う傍らで終了後の達成感・充実感もかなり感じられます。保護者の人からもとても感謝されます。児童達の笑顔を見ると、大変だけど達成感もあります。

子どもから感謝された時

児童から「先生ありがとう」「大好き」と言われたら保育士をやってて真面目によかったなと感じられます。